改正後の食品衛生法への対応実績が豊富な行政書士に安心してお任せください

お問い合わせはこちら

食品衛生法の改正の必要とされる理由

食品衛生法の改正には早目の対応が肝心です

食品衛生法の改正の必要とされる理由

食品衛生法の改正によって中小規模の事業者にもHACCPに関連した対応が求められるようになっているため、未導入の場合には早目に対処されるようおすすめしております。今後、HACCP導入を怠った上で食中毒トラブルが生じた場合には、法令違反による営業停止・取り消しに至る可能性もあります。
改正された食品衛生法に精通し、情報収集・提供・調査・相談・指導を行っている行政書士が丁寧に対応いたしますので、お困りの方はぜひ気軽にお問い合わせください。


車検をしている作業員

楽しく・深く学べる専門的なセミナーも随時開催しています

食品衛生法が改正されることで、規模や事業内容に関わらず飲食店をはじめとする様々な企業において対応が迫られるようになっています。しかし、法律に関する知識がほとんどない方にとっては、「何を、どうすればよいのだろうか」「自社の場合はどの項目に関係しているのだろうか」といった疑問があるかもしれず、対応するために「一から勉強や情報収集をするための時間もエネルギーもない」とお困りの方が多いはずです。
一般社団法人特化エキスパートは行政手続きの専門家である特定行政書士が、法律の変更点に基づく申請・手続きに関する相談・調査・アドバイスを提供しております。さらには、リテールHACCPについて楽しく、深く学べるセミナーも定期的に開催することで、地元からの発信・定着・浸透を目指しています。関心をお持ちでしたら、ホームページ上の応募フォームか電話にて、気軽にお問い合わせください。

考える男性

衛生管理の高品質な基準をキープするために効果的です

改正された食品衛生法の中で定められている「HACCPとはそもそも何だろうか」という疑問の声をよく耳にしますが、これは元々アメリカで宇宙食を製造していた一企業が開発・実践していた衛生管理の手法です。具体的には、食品の製造・加工の工程に関する全ての段階において、発生する可能性のある生物・化学・物理的な危害を前もって分析し、その結果に基づいて工程のどの段階でどのような対策を講じれば安全な食品が生み出せるかを検討します。
それぞれの工程で対策を行う重要管理点を定め、継続的に監視を実行していくことによって製品の安全を確保・保証するという衛生管理の方法です。難しい手法のようにお感じになるかもしれませんが、食中毒などの発生を防ぐだけでなく、事故発生時には速やかに原因究明を行うことができることから、衛生面でハイレベルな基準を維持するための効果的な方法ですので、導入をぜひご検討ください。

メモをしている男性

HACCPの導入により販路の維持・拡大を達成できます

食品衛生法の改正に基づいて義務化が決定されたHACCPは、よりハイクオリティーな水準で食品の衛生管理ができるという点では、消費者だけでなく事業者側にも大きなメリットがあります。メリットの一つは、導入実績をアピールすることによって、食品の衛生管理が徹底された店舗・企業であることを内外に広く知らせることができ、消費者からの信頼をかち得て販路の維持・拡大に繋げられる、という点です。
導入にあたっては、衛生管理についての専門的な知識をスタッフに教育する必要があるため、未導入の事業者には外部のコンサルタントを利用した早めの対応が求められます。一般社団法人特化エキスパートでは、HACCP関連の情報収集・提供・調査・相談・指導を行っており、導入の義務化と安定的な経営基盤の構築をお手伝いいたしますので、ご検討中の方はぜひ早めにご相談ください。

握手する男性

経験豊富な行政書士は衛生管理計画の強い味方です

食品衛生法の改正に伴う手続きでお困りの企業様を強力に支援する一般社団法人特化エキスパートには、この分野での豊富なノウハウを持つ経験豊富な行政書士が所属しており、それぞれのニーズに合わせたきめ細やかなサポート体制を構築しています。2018年6月に法律の一部が変更になった背景には、食へのニーズや関心の高まりと、グローバル化を見据えた国際基準の対応が関係しているため、引き続き事業を営んでいくためには、その変化に追随して法律を遵守することが求められます。
一方、小規模な飲食店の経営者様の中には、法律の変更に伴って自社にどんな影響が及ぶのか、まずどんな対策から取り組むのかがわからないという方が多いかもしれません。そのようなお悩みを解決するために、法律の専門家である行政書士が、相談や調査、衛生管理計画の策定や実行、記録までをトータルでサポートしていますので、まずは気軽にご相談ください。


食品衛生法の改正対応はお任せください

CONCEPT

改正された食品衛生法の専門家がサポートします

食品衛生法の改正やHACCPの導入でお困りの飲食店や食品関連企業様には、行政手続きとHACCPの専門家である特定行政書士がサポートしております。食環境の変化や国際化に対応するという目的で2018年6月に一部が変更になり、東京オリンピックが開催される2020年までには全ての食品等事業者への導入の義務化が予定されていますので、早めに対応していく必要があります。
一般社団法人特化エキスパートでは、食品衛生法の改正対応やHACCPを導入するにあたっての相談から調査、セミナーの開催等でトータルサポートしておりますので、関心をお持ちの企業様はぜひご相談ください。